プロフィール

blogs10nnn

Author:blogs10nnn
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
anytime
スポンサーサイト
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
茂木健一郎 、『ゲルハルト・リヒター』とは、どんな方でどんな絵をかかれるのですか?...
スポンサードリンク

、『ゲルハルト・リヒター』とは、どんな方でどんな絵をかかれるのですか?市美展で茂木さんの選評『ゲルハルト・リヒター』の作品に見られるような、存在するものと過ぎ去りしものの行き交いさえも予感される。をよんで、私はを知らない事に気づきました。 2008年選評 齋藤弘美さんの『生家【一枚の写真より】は、庭先で魚を箱詰めするというモティフを扱って、奥行きのある忘れがたい印象を残す。 前面で作業する女性たちと、背景の男性たちの色彩のコントラストが効果的である。 多くの人を描いていながら、構図的に破綻していない。 ゲルハルト・リヒターの作品に見られるような、存在するものと過ぎ去りしものの行き交いさえも予感させる。 【余談だが・・・・】さらに、こういう付け加えがあった。 個人的な話になるが、いわき市には、叔父が住んでいる。ゆかりの地に美術の花が大きく咲いていることを誇りに思う。 2008年2月6日 審査員、茂木健一郎【脳科学者】とあった。出来れば、この意思をいわき市民の多くの人にも浸透出来れば、納得出来れば良いな、と思いました。きっと、訳の解らないまま、受け止めている事だと思います。


スポンサーサイト
【2008/03/08 23:27】 | 未分類 |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。